あっという間の挿入時間に呆れられた俺!こんな時こそ早漏防止薬

早漏の原因から治療まで

【早漏とは】
2008年に泌尿器の学会によってこう定義されています。
・挿入するかしないかに限らず、1分以内に射精してしまう
・挿入している時に自らの意志で射精間を抑えることができない
・十分な挿入時間がないことで、相手をオルガズムにまで到達させることができず、SEX自体を苦痛に感じる
とされています。
【実は世界的にも多い…】
ある調査によって分かっているのは、18~65歳までで症状を実感している人は3割にもなるという結果が出ています。
特に若年層に多く、反対に中高年層は"ED"の合併症として悩みを抱えてる事が多いです。
【早漏になる原因は3つ】
?こころに起こる問題
?脳の中の物質のバランスが崩れる
?ペニスの感度
となり、こころの問題は国内早漏男性の70%以上が理由としています。
残念ながら心を直接、治療することはできないので薬も存在せず時間が掛かるケースが多いです。
?と?は直接的に治療する方法がないので原因を突き止めることで適切な早漏防止薬を使用することができます。
【早漏改善の薬】
早漏改善の薬は大きく分けると2種類あります。
・外用薬
・内服薬
となり、それぞれ紹介していきます。
◎外用薬リドカイン
これは病院などでも痛みを伴う治療に用いられる表面を麻酔するお薬です。
原因?を改善する時に用いられるもので、ペニスに直接塗り込むことで感度を鈍くしてあげることができます。
これによって挿入時間を延長することが出来るので、一定の持続力を付けることが出来るようになります。
ただし、塗り過ぎは"遅漏"の原因になるので要注意。
◎内服薬プリリジー
飲むことで早漏改善ができる国際的にも唯一の早漏防止薬となっています。
成分ダポキセチンが60mg含有されている薬で、?の原因を改善することができます。
「セラトニン」と呼ばれる物質が少なくなることで、神経が活発になり異常に興奮するようになってしまい短い時間での射精となってしまいます。
なので不足した物質が再取込みされてしまわない様に抑えて、濃度を濃くすることで神経の興奮を鎮めることが出来ます。
ちなみに挿入時間は約4倍まで延長されるので、かなりオススメの早漏防止薬となっています。
有効性が高い分、薬代も高く1錠は3000円します…。